先進医療を受けるにはどうしたらいいか

先進医療は厚生労働省が認めた一定の安全性と効果がある治療の事で、全てが自由診療のように思われていますが保険が効くものもあります。
ではなぜ保険会社から特約として発売されているのかというと、ほとんどが高額の治療費を必要とするものだからです。
またどんな病院でも受けられるものではなくて、厚生労働省が定めた病院で受ける必要があります。
ガンに効果があるようなものから白内障の治療のように身近なものまで、100種類以上の治療法が定められています。
ここで注意したいのが治療法は日々更新されていて、新たに登録される場合もありますし先進医療ではなくなってしまうものもあることです。
治療を受けるには主治医に相談して紹介状を書いてもらうか、自分で該当する病院に連絡を入れる方法もあります。
該当病院ではその治療を行う整合性があるか専門医が判断する事になります。
治療をする場合は治療内容や費用に関する説明を受けます。
高額になる場合もあるので、月に数百円で加入出来る医療保険特約に入っておくと安心です。