医療費控除の確定申告は10万円以上が対象

医療費は税金の控除の対象となります。
控除できる金額は最高で200万円までとなっており、実際に支払った額から保険金といった補填金額と10万円を差し引いた額が控除額となります。
実際に支払った額に関しては生計を同じにしている配偶者や親族のために支払った額も対象となるので、自分のものと一緒に合算するようにしましょう。
もしも医療費が10万円を越えなければ控除額は0となるので、まずその年の1年間、1月初めから12月末までの額を合算してみてください。
控除の申請は確定申告ですることになり、このとき控除の明細書を作成する必要が出てきます。
最初から10万円超えることが分かっていて申告が確実であれば、医療費が発生したら明細に書いておいたほうが申告するときに慌てません。
明細が省略できるのは保険者から交付される通知書があるときのみです。
また、明細があっても領収書の提示が求められる場合もあるので、確定申告をした日から5年間は領収書を捨てないようにしましょう。